JUNIOR COLLEGE

保育科|実践的授業|福岡県飯塚市の短期大学

保育科

生活福祉情報科

授業風景

  • 幼児体育

    幼児体育を実践する上で必要な保育技術と教材づくりに関する実践的知識を修得することをねらいとしています。

  • ピアノ I・II

    週1回の個人レッスンによってピアノの実技能力を高め、子どもの音楽遊びについても考えます。

  • 子どもの食と栄養

    離乳食、幼児食の調理実習などを通じて、乳幼児期の「食育」のあり方について実践的に考えていきます。

  • 子どもの保健

    沐浴や応急処置の実習を通じて、乳幼児と関わる保育者として必要な技術を習得します。

  • 表現 I

    幼児の造形の発達理論と幼児に適した実践的な造形表現の研究を基に作品制作を行なっていきます。

  • 言葉

    幼児期における言葉の発達に関する諸理論を理解し、言葉の獲得過程における環境の重要性を学習します。

平成28年度 総合発表会

毎年2月上旬、学生生活の集大成として総合発表会を行っています。弦楽器、管楽器、ギター、エレクトーン、ハンドチャイムによる器楽合奏のほか、ピアノ演奏、合唱、また大好評の2年生によるオペレッタと盛りだくさんの内容となっています。特にオペレッタでは配役はもちろんのこと、演奏、演出、道具、衣装などすべてを学生たち自身で作り上げていきます。この取り組みには大きな苦労もありますが、もっとも心に残る想い出となり、保育者として、いち人間としての大きな糧になることでしょう。